星からの贈りもの~幸せの大詰め

京都、滋賀で対面占い、十字屋カルチャーでタロット講師をしています

ラヴァーズパスタロット 10番ホイールオブフォーチュン(運命の輪)ダナエとゼウス

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

10番運命の輪のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

 

 

f:id:tikitito14:20211101220639j:plain


X FORTUNEトラディショナルカード:ホイールオブフォーチュン

恋人:ダナエとゼウスキーワード:チャンス、運命、拡大、繁栄

 

【物語の背景】

ギリシャ神話の代表的なお話

アルゴス王アクリシオスは美しい娘ダナエーを得たが世継ぎをもとめ予言を受けると、「息子は生まれないだろうが汝に男の孫が生まれる。汝は孫に殺されるだろう」というものでした。

 

王は驚いて娘ダナエを青銅の地下室に閉じ込め、男が近づかないようにしました。それにもかかわらず神ゼウスがダナエに目をつけ黄金の雨に姿を変えて愛され関係を持ちました。やがて月満ちて息子ペルセウスを産んだダナエですが、父の手によって母子は箱に閉じ込められて海に流さてしまいます。運よく箱はセリーポス島に漂着し、母子は漁師のディクテュスに救われました。

 

ところが島の領主でディクテュスの兄のポリュデクテースがダナエーを好きになり、邪魔な息子ペルセウスをそそのかして怪物メドゥーサの退治に出向かせます。とても無理だと思われていたメデゥーサの退治でしたが、ペルセウスは難なくやり遂げ帰還します。

 

その後、ペルセウスは幾多の戦いを得て強い男に成長しダナエとともにアルゴスに帰国します。しかし、このことを伝え聞いた王アクリシオスはペルセウスを恐れてアルゴスから逃亡し、ペルセウスアルゴスの王となります。

 

あるとき、ペルセウスラーリッサの街で開かれた競技会の円盤投に出場するのですが、このときにペルセウスが投げた円盤が観客席に飛び込み、老人を死なせてしまうのですが、その老人こそアクリシオスで、予言は実現してしまいます。

 

ゼウスの女好きからまたしても繰り広げられるギリシャ神話の物語。ここからペルセウスを中心に様々な物語への広がりが出てきますが、そのきっかけ、発端になったのが、このダナエとゼウスの密会ということになります。

ゼウスはその時に黄金の雨に姿を変えたと言われていますが、まさにこの場面を切り取ったカードになっています。雨が降るのも運命のタイミングということでしょうか!

 

*ダナエは西洋画にとりあげられる有名な素材の一つにもなっていますので、絵画で想像していくのも楽しいのでは!

f:id:tikitito14:20211119160944p:plain

レンブラント

f:id:tikitito14:20211119161032p:plain

ヤン・ホッサールト作

【意味】

正)前向きな運命。宇宙の寛大さ。豊かに開かれる能力。美しさと愛の意識。

逆)不快な気持ちや偶然の失望した経験。幸運に無視されていると感じる。まだ運命のときではない。—いつあなたの番になりますか?

 

【比較と深読み】

ウエイト版の運命の輪は車輪がそのときを告げる「時」としてのイメージが強いのですが、こちらのカードは「抗えない運命」という意味合いが強いように感じます。予言があり対策をとったにも関わらず降りかかる運命…しかしそれは吉でも凶でもなく、ただ流れにしたがったともいえるのではなないでしょうか

 

 

 

ラヴァーズパスタロット 9番 熟考(隠者)アベラールとエロイーズ

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

9番隠者のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

f:id:tikitito14:20211116165654j:plain

IX熟考伝統的なカード:隠者

コンテンプレーション 沈黙 黙考 熟考 熟視

恋人:アベラールとエロイーズ

キーワード:撤退、内省、撤退

【物語の背景】

ピエール・アベラールPierre Abélard 、1079年 - 1142年4月21日)は中世フランスの論理学者・キリスト教神学者。「唯名論」学派の創始者として知られ、後にトマス・アクィナスらによって集成されるスコラ学の基礎を築いたとされる学識派。パリノートルダム大聖堂付属学校で神学哲学の教師となって非常な名声を得ます。

 

ところが、

 

1117年頃、アベラールはノートルダム大聖堂参事会員フュルベールの姪エロイーズと出会い魅力を感じ、フュルベールに住み込みの家庭教師となることを申し出ます。自然と惹かれあう二人は20歳以上年の離れていたにもかかわらず熱烈な恋に陥ることに…。

 

やがてエロイーズは子どもを身ごもったため、アベラールは彼女をひそかに自分の妹のところにかくまい、そこで男の子が生まれることになります。

 

このスキャンダルに彼女の父フュルベールは激怒しますが、アベラールは和解を申し出て、エロイーズと秘密の結婚をしました。そして、アベラールは新妻をアルジャントゥイユ修道女院へ移しましたが、アベラール自身は叔父の怒りを買い、企てによって自分の召使たちに陰茎を切断されてしまいます。

去勢者となったアベラールは困惑と恥辱感からサン・ドニ修道院に入った。そこの小堂に籠り、神学と哲学の講義を再開するのですが…。

 

アベラールはパリを離れてサン・ドニ修道院に移り、修道士となり、エロイーズはアルジャントゥイユ修道院の修道女になったという悲哀こもるお話となります。

 

なかなかすごい二人の実話のようですが、

書簡が有名で本にもなっています!

レヴューも絶賛ものなので興味がわきますね

本書のあらすじの引用)フランス中世の哲学者アベラールとその女弟子エロイーズの2人が取り交わした書簡集。 12通知られる。 アベラールはパリにあって名声を博した時期に、佳人エロイーズと相愛の仲となり(当時アベラール39歳、エロイーズ17歳)、結婚して1子をもうけた。 だがエロイーズの叔父により2人は引き裂かれ、それぞれ修道生活に入ることになった。

 

 

まとめると、

ピーター・アベラールは、中世の時代に優れた神学者および教師として有名で、アベラールはすぐに哲学的対話の習得と思考の独立性で知られるようになりました。それは当時としては反権力主義で、彼は教会の方針に反対し、異教の伝統に共感する立場を取ることを主張します

しかし、順調かと思われるアラバールの最大のスキャンダルを引き起こしたのは彼のエロイーズへの愛情でした。彼らの禁じられた愛の物語は、アベラールの1130年の本、The History of MyCalamitiesに記載されている、と締めくくられます。

 

【カードの意味】

正)あなたの心に耳を傾けます。内面の生活に隠遁します。現時点では、あなたのニーズは他者との関係ではなく、自分自身との関係に焦点を合わせています。

逆)世界に気を取られている。直感を無視します。表面性。あなたの心とのつながりがない感じ。

 

【深読みと比較】

9番隠者のカードは、内に向かって思考を深めるカードです。精神を主題にして物事を推敲するテーマのカードです。

ラヴァーズパスタロットでは、反教会主義で哲学などを深めた彼が一人の女性との出会いで自分の身体を通して悟りを修道場に求める姿を描いています。愛するが故の身の潔白を時間をかけることで証明したのではないでしょうか

 

 

魔法学校 ハリーポッター展

f:id:tikitito14:20211106085936j:image

兵庫県立美術館で行われている

ハリーポッター展に行ってきました!

 

灘駅でおりてミュージーアムロードとして名前も付けられてる一本道を歩いて10分ほど

晴天のなか神戸の空気を久々に大きく吸って足取り軽くワクワクを抑えられません。

f:id:tikitito14:20211106090328j:image

 

展示は非常に見応えがあり、それぞれ薬草学、天文学、占い学とテーマごとに分かれて、大英図書館の「これは実際の魔術とともに使われたに違いない」と思わせる、はたけば埃が幽霊達を連れてきそうな古書とともに、実に魔法学校のカリキュラム通りに展示がすすみます。

f:id:tikitito14:20211106091153j:image

なんといっても実物の本の展示が素晴らしい!

f:id:tikitito14:20211106091248j:image

昔から人々は不安のなかに生きていて、なんとか自分の運命を知り幸せを願ったにちがいありません。

 

タロットや天文学の星座の展示もありましたが、こちらはさらりと簡単なものでした🌏

 

個人的には「透明マント」の展示が面白かった!イギリスらしい🇬🇧

 

グッズ販売の関所では、図録からポストカードからいろいろ買って大満足でした

 

取り急ぎ報告になりましたが、開催期間が明日までという。本当に飛び込みセーフのような来館になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ラヴァーズパスタロット 8番力 ジークフリートとブルンヒルデ

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

7番戦車のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

 

f:id:tikitito14:20211101222109j:plain

 

力:ジークフリートとブルンヒル

キーワード:勇気、強さ、リーダーシップ、自信

 

ゲルマン神話北欧神話の背景】

ニーベルングの指輪】

二人の登場する物語は、ニーベルングの指環』(ニーベルングのゆびわドイツ語"Der Ring des Nibelungen")は、リヒャルト・ワーグナーの書いた楽劇。もとは北欧神話ゲルマン神話に代表される物語をベースににしたといわれています。ワーグナー35歳の1848年から61歳の1874年にかけて作曲され、3部作、舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』は序夜『ラインの黄金』、第1日『ワルキューレ』、第2日『ジークフリート』、第3日『神々の黄昏(たそがれ)』から成立している。トータル数十時間というオペラ最大の叙事詩ともいわれる傑作です。このなかのジークフリートから抜き出されています。

 

 

【物語の背景】

 

指環」早わかり&人物相関図|ジークフリート|新国立劇場

www.nntt.jac.go.jp

こちらのサイトより相関図を引用させていただきました。

(なにしろ相関図がないと理解できないほどでしたので)


☆あらすじ

ジークフリードは、ジークムントとジークリンデの子どもです。二人は兄妹でしたが互いに惹かれ合っていたました。ところが母親のジークリンデは森で息子ジークフリートを産んで亡くなり、鍛冶屋ミーメがジークフリートを育てていました。

 

ミーメはジークリンデから渡された霊剣ノートゥングの破片を鍛えて大蛇に化けて指環を保持するファフナーを倒したいと考えていましたが、彼にはどうしても鍛えらません。すると、さすらい人の姿をしたヴォータンが「霊剣を鍛えられるのは『恐れを知らない者』だけだ。その者にお前は殺される。」とミーメに言い伝えます。が、なんと剣を鍛え上げたのは彼が育てたジークフリートでした。

 

森でファフナーのことを見張っていたアルベリヒのもとに、さすらい人がきて「ミーメが連れてくる子が指環を手にする」と予言します。アルベリヒはいずれ自分が指環を手に入れ世界を支配すると思っていたのでうろたえます。

 

約束通りミーメは大蛇ファフナーのいる洞窟の前にジークフリートを連れていきます。そしてファフナーが目を覚まして出てきたところを、予言通りジークフリートは霊剣ノートゥングで心臓を一突き。ファフナーは息を引き取ります。

 

剣についたファフナーの血を舐め、森の小鳥の言葉が分かるようになったジークフリートは洞窟の宝の山から小鳥から教えてもらった隠れ兜と指環を持ってでてきました。すると、ミーメが指輪欲しさに自分を毒殺しようとしていることを察知し、ジークフリートはミーメを殺します。そしてジークフリートは岩山に炎に包まれて眠るブリュンヒルデのことを小鳥から教えてもらうことに。

 

岩山に辿りついたジークフリートは、女性ブリュンヒルデを初めて見てあまりの美しさに初めて畏怖の心を抱きますが、口づけして目覚めさせます。ブリュンヒルデは、甲冑も武器もない自分に少し戸惑うものの、永遠にジークフリートのものになると誓い2人は愛を歌い上げるのでした。

 

ヴァルキリー・ブルンヒルデは、神々と女神の神聖な支配者である父親のウォタンのお気に入りの子どもでした。ブリュンヒルデは、死すべきジークムンドの愛の物語に感動したとき、父ウォタンを裏切って怒りをあらわにします。彼女は初めて愛の力を理解しそれが彼女を十分に強くしました。そして彼女はジークムンドを助けることにします。そしてその結果、紆余曲折を得て、ジークムンドとジークリンデの愛の証で命をかけた息子ジークフリートとの彼女自身の本当の愛を見つけたのでした。

 

 

【意味】

正)弱さから強さへの変換。威厳。偉大な行いをするための力。信念を曲げない。

逆)不安または恐れを感じる。エネルギーの散乱。不和を生み出すことは他人を弱体化させます

 

【比較と深読み】

f:id:tikitito14:20211103235010p:plain

8番力のカードは、北風と太陽にたとえられるように深い愛で手なずけさせるような包容力の意味といわれています。

ラバーズパスタロットでは、常識に囚われずに信じる力と運命の力が融合することで真実の愛を掴む姿を描いているように思います。

 

*このお話は私が好きな『指輪物語』の元型であるといわれていますが、今回あらすじをたどることで本当にそうだとつながったような気がしました。

 

 

ラヴァーズパスタロット 7番戦車 トリスタンとイゾルデ

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

7番戦車のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

f:id:tikitito14:20211031184140j:image

 

VII DESIREトラディショナルカード:戦車
愛好家:トリスタンとイゾルデ

キーワード:動き、運命、移行、変化

 

【物語の背景】

トリスタンとイゾルデ』または『トリスタン物語』は、中世に宮廷詩人たちが広く語り伝えた恋愛物語。騎士トリスタン(Tristan)と、主君マルク王の妃となったイゾルデ(Isolde)の悲恋を描く。アーサー王物語に組み込まれ世界中から愛される物語に

 

時は伝説上の中世、舞台はイングランド西南部のコーンウォールです。

 

アイルランドの王女イゾルデは、コーンウォールを治めるマルケ王(トリスタンの叔父)に嫁ぐ航海をしますが、その時にイゾルデの護衛役を務めたのはトリスタンでした。かってイゾルデは戦場でトリスタンを介抱したことあり好意を抱いていました。

 

ところがイゾルデは自分を王の婚礼者として迎えに来たのがトリスタンだということに腹を立てて一緒に毒薬を飲もうとします。が、それは実は媚薬でした。瞬く間に二人は強烈な恋に落ちました。

 

ゾルデがマルケ王に嫁いだ後にも二人の熱愛は続きます。

 

マルケ王が狩に出掛けた隙に、トリスタンがイゾルデのもとを訪れ、二人は愛を語り合います。しかし王の忠臣の裏切りの策略で、マルケ王は戻ってきました。

マルケ王は信頼していたトリスタンと妃の不貞に深く嘆き、王は問いただすのですが、トリスタンは言い訳をしようとしまず、トリスタンは自ら剣を切り命を落とします。

 

後に、全ては愛の薬のせいだと知ったマルケ王は知るのですが、すでにもうイゾルデの運命は決まっており、彼女は至上の愛を感じながらトリスタンの後を追ったという物語です。

 

トリスタンは自分の家族がいませんでしたが、自分の息子としてトリスタンを愛し世話をしてくれたマルケ(コーンウォール)王に忠誠を誓っていましたが、あぁこれが運命なのでしょうか。さまざまな人の恨み妬みを受け、道を外れて、マルケ王への献身にもかかわらず、トリスタンはマルケの花嫁、イゾルデ、そして彼女と彼と恋に落ち命を落とすことになるとは…

 

戦車にこのカードが書かれた背景には、なにがあっても自分たちの意志とは違う形が働いても運命の流れには逆らえない、という意味があてがわれているように思います。その次に訪れる結果のことよりも強い流れということではないでしょうか。

 

 

【意味】

正)欲望に引っ張られている。人生の次の段階への移行。移行は、意図されているかのようにスムーズに進む

逆)焦り。消せないと感じる欲望にとらわれている。不便なタイミング。あなた自身の周りの前兆を無視。鈍感

 

【比較と深読み】

 

 

戦車 (タロットカード)|正位置・逆位置の意味やメッセージを解説

 

戦車のカードはまだ若く経験の浅い青年が、いざ出陣と強い意思で戦場に赴くような姿勢を表します。突破力、突進、勝利、征服というような一般的な意味になっています。

 

ラヴァーズパスタロットはそのなにがなんでも突進するというイメージに、外要因のしかけの運命の流れに組み込まれてしまうという意味も含まれるように思います。そしてその結果が悲運であっても、今は進まずにはいられないという強い情愛の力が働くカードのように読めました。

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

ラヴァーズパスタロット 6番恋人たち イシスとオシリス

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

6番の恋人のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

 

 

VI LOVEトラディショナルカード:恋人たち
愛好家:イシスとオシリス

キーワード:愛、調和、情熱、官能性

 

f:id:tikitito14:20211029180631j:plain

【物語の背景】

エジプトの最も有名な神話

 

エジプトにオシリス(長男)、イシス(長女)、セト(次男)、ネフティス(次女)とう4人の兄弟がいましたが、オシリスとイシス、そしてセトとネフティスが結婚をし、長男であるオシリスが王となり、エジプトを統治します。

 

しかし弟のセトは王になった兄を妬んでいました。そんな時、こともあろうがセトの妻ネフティスがオシリスと浮気をしてしまいます。これを目撃したセトは怒り狂いオシリスを殺そうと企てます。


罠はオシリス体の寸法で造らせた美しい箱を作り、この箱にぴったり合う方に差し上げるというものでした。そして計画通りに箱に閉じ込めたオシリスをナイルに投げ込んでオシリスが二度と姿を現さないように、セトはオシリスの体を14にバラバラに切断して違う場所にばらまきいました。セトは王になりました。

 

しかしこの後オシリスの妻イシスはばらばらの体を集め、オシリスとネフティスの浮気でできた息子アヌビスがオシリスの体を包帯にくるんだところ、イシスの魔法の呪文でオシリスが復活します。しかし体を集めたときに生殖器だけが見つからず借り物で済ませたため不完全に復活したオシリスは、エジプトではなく死者の世界の神として生きることになりました。

 

やがてイシスはオシリスとの子“ホルス”を産みました。ホルスは幾度となくセトから嫌がらせを受けますが立派な青年に成長し、そして父オシリスの仇を討つため、ホルスとセトの長い戦いが始まるのです…。

 

 

イシスとオシリスの神話は、愛の力と、嫉妬という心のなかの悪魔が彼らの兄弟の魂を食べ、弟は兄オシリスを棺桶に閉じ込めナイル川に葬りますが、彼女の愛の力を使って女神はオシリスを生き返らせ最後の抱擁をした感動的な場面が切り取られています。

 



【意味】

正)愛とそれを奨励するものについての認識。新しい、重要な関係。愛のある平和はあなたとあなた自身の周りの世界を変える

逆)未熟さ恋愛関係におけるセクシュアリティと無責任で他人を操作する。ゲームプレイ。

【比較と深読み】

f:id:tikitito14:20211031000548p:plain

恋人のカードでは、天使ラファエルのもとアダムとイヴが描かれ、愛と信頼のカードと一般的な意味をもちます。知恵の木と生命の木を背景に蛇が誘惑する様子も絵のなかに示唆されているとも言われています。

イシスとオシリスのカードでは、権力や浮気の嫉妬から愛が壊されたが愛の力で復活を果たす絵となっています。浮気をされたとイシスの広い愛の力といってもいいのかもしれません。が、生殖器だけ見つからなかった(魚に食べられたという説あり)のは、天罰が下ったという深読みができるようにも感じられます。

 

 

ラヴァーズパスタロット 5番教皇 ロミオとジュリエット

【タロットに描かれた恋人たちの物語】
ラバーズ・パスタロットの続きになります

 

恋人タロットといわれるこのタロットは恋愛にまつわる物語のワンシーンを切り取ってカードに表現しているタロットです。

ストーリーを通して読めるので一枚でも深読みしていくことが可能なカードです。

5番の教皇のカードの説明になります。

(過去のブログに0番からの説明ありです)

 

 

Vトラディショントラディショナルカード:教皇
恋人:ロミオとジュリエット
キーワード:構造、適合性、儀式

f:id:tikitito14:20211029093301j:plain

【物語の背景】

ロミオとジュリエットは、イングランド劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる有名な戯曲です1595年前後に初演といわれています。

モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の舞踏会に仮面をつけて忍びみますが、この家の一人娘ジュリエットと一目で激しい恋に落ちてしまいます。実は両家は仇敵同士。両家でトラブルを起こすものは殺すというしきたりがありました。

ところが、二人が宿命的な出会いをし、月光の下で永遠の愛を誓い合ったのもつかのま、かなしい破局をむかえる話はあまりにも有名です。

 

ロミオとジュリエット』がなぜ時をこえて人々の気持ちを掴むか、それは恋愛悲劇であるという要因が大きいでしょう。それは誰でも心の中に封じ込めた若いころに自分自身が諦めざるを得なかったこと…その思いが恋愛という青春時代の普遍的テーマで描かれたことでより胸に響くからです。若い恋人たちが社会によって課された障壁をはねのけて愛を成就させようとするという事柄はむしろ伝統的な心理を表現した系統ともいえるのでしょう。

  

 ロミオとジュリエットは、自分の星(ホロスコープ)を背負った恋人たちの典型的な例として描かれました。彼らの家族の伝統的なお互いへの憎しみにとらわれて、彼らの愛は悲劇的な結末しかあり得ませんでした。彼らの話は悲しいかもしれませんが、ロミオとジュリエットの愛は彼らの家族を悩ませていた不寛容の伝統に終止符を打ちました。二人の愛は平和と理解の新しい伝統に道を譲ることになったのです。

 

ロミオ 傷の痛みを知らぬ奴だけが、他人の傷痕を見て嘲笑(あざわら)う。

ジュリエット、二階舞台の窓に現われる。

シッ!なんだろう、あの向うの窓から射して来る光は
あれは東、すればさしずめジュリエット姫は太陽だ。
美しい太陽、さあ昇れ、そして嫉妬深い月を殺してくれ。
月に仕える処女(おとめ)のあなたが、主人よりもはるか美しいそのために、
あの月はもう悲しみに病み、色蒼(いろあお)ざめているのです。……
(第二幕第二場「キャピュレット家の庭園」)中野好夫訳『ロミオとジュリエット新潮文庫

 

【意味】

正)確立された社会構造に従う。恋愛関係では、安全のために結婚やその他の正式な構造への欲求。パブリックイメージの認識とそれを制御したいという願望。可能な剛性。

 

逆)緊張する古い社会構造を捨てる必要性。型破りなアイデアやアプローチ方法への恐れ。不適合。

 

【比較と深読み】

法皇

f:id:tikitito14:20211029121156p:plain

社会ルールとモラルを教える精神的な導きの役割を果たす法皇

人々のゆるぎのないお手本として普遍的な良心を人に説くことで、

悩みに手を差し伸べるカードです。

ロミオとジュリエットにもその法皇は登場します。

若者の思いだけでは社会はまわらないことを説きます。

が、ロミオとジュリエットの愛は悲哀に終わる結果になりますが、それが社会通念を変える力をもったということが「愛の奇跡」のように伝わります。愛は世界を変えるが、いったんは二人の感情のままに進めないことを示唆してくれるカードのように思えます。

 

*自らの意志を社会の中で折り合いをつけながら考え進まれて愛を成就させられた真子様の力強さにも通じるものがあるのではないでしょうか。